原住民の村“多納村” 【台湾高雄穴場観光スポット③】

町並み 台湾
町並み

茂林生態公園でハイキング・蝶ウォッチングをし、その後原住民の村“多納村”に向かいました。車で約30分で着きました。

茂林生態公園に関してはこちら↓

http://yunnaslife.boo.jp/2020/01/11/maolinecologicalpark/

 

広告

茂林生態公園から多納部落までのドライブも楽しい!

茂林生態公園から原住民の村“多納村”に行く途中でも、さまざまな原住民アートが見られます。

原住民2人が弓矢を構えてます
原住民2人が弓矢を構えてます

これは原住民2人が弓矢を持って空を見ています

昔は太陽が2つありとても暑かったのですが、この2人が太陽一つを撃ち落とし暑さが和らいだという神話を表しているそうです。

大きな橋が見えてきました。多納大橋です。大きな鷲がいます。

多納大橋
多納大橋

昔はたくさん鷲が飛んでいたそうです。しかし、現在は環境が変わりだいぶ少なくなったそう。

そして、多納村に到着

多納村とは?

高雄市街地の北東の山奥にある小さな村です。水に恵まれ、土地も肥沃なため、台湾原住民の一つのルカイ族の方々が定住するようになりました。

村の至るところにトーテムなどの原住民アートが見られます。また、伝統的な石板の家も現存しており、ルカイ族の方々の暮らしを垣間見ることができます。

駐車場があり、無料で止められます。

多納村の見どころ

原住民アート〜見どころその1〜

原住民アートが見られます。原住民の方々を描いた壁画や、ラフルなツボなどがありました。

カラフルなツボ
カラフルなツボ

カラフルで、インスタ映えしそうですね。

百歩蛇
百歩蛇

至るところに蛇のモチーフがあります。この蛇は「百歩蛇」と言われ、猛毒をもっているため、噛まれたら百歩しか歩けなくなるということから、名付けられたということです。

伝統的な家〜見どころその2〜

石板でできた家
石板でできた家

原住民の伝統的な家が見られます。薄い石(中国語:石板)で作られています。地震や台風にも耐えるとても頑丈な作りになっているそうです。

メインの通りを外れ、路地を歩きました。原住民の方の暮らしが垣間見れます。原住民の方のほとんどはキリスト教とのことで、教会もありました。町並み全てが見どころです!

原住民ランチ!

町並み
町並み

食事できる店が並んでいます。

一見やってるかどうかわからなくても、話しかけてみるとやってることが多いので、声をかけてみましょう

私たちはここでお昼を食べました。

お食事屋さん
お食事屋さん

特別にベジタリアンの卵チャーハンを作ってもらいました。

卵チャーハン
卵チャーハン

こちらは、餛飩湯です。水餃子の入ったスープのようなものでした。

餛飩湯
餛飩湯

こちらは、蛋花湯です。卵スープです。

蛋花湯
蛋花湯

家庭の優しい味でした。日本っぽい味でした。

ちなみに、ここで有名な食べ物は、ソーセージとのこと。ソーセージ好きな方は是非食べてみてください。

ソーセージ
ソーセージ
まとめ
  • 茂林生態公園から車で30分
  • 見所は原住民アートと原住民伝統的な家
  • 名物はソーセージ
  • 原住民の生活圏なので、静かに観光しましょう

多納村

場所:高雄市茂林區大津里2號

*お願い*情報は更新されている場合がありますので、最終確認はご自身でお願いいたします。

※お願い:情報の最終確認はご自身でお願いいたします。

コメント

  1. […] 原住民の村“多納村” 【台湾高雄穴場観光スポット③】茂林生態公園でハ… […]

タイトルとURLをコピーしました