“台湾糖業博物館(橋頭糖廠)”【台湾高雄穴場観光スポット①】

橋頭糖廠外部 台湾
橋頭糖廠外部

外国人観光客にはちょっとマイナーな観光スポット台湾糖業博物館に行ってきました!中国語では「橋頭糖廠(Qiáotóu táng chǎng)です。

特に日本と関係が深いスポットです!

私達は、歩いて散策しましたが、

自転車も貸出しているので、サイクリングもおすすめです。

広告

台湾糖業博物館ってどんなところ?

橋頭糖廠内部
橋頭糖廠内部

台湾糖業博物館は日本統治時代の製糖工場の跡地の一部です。

製糖工場は1902年に完成し、当時最新鋭の製糖場として活躍していたようです。

太平洋戦争時は日本の兵舎になっとこともあるとのこと。

第二次世界大戦後は、日本の製糖工場と国立の製糖工場が統合され、中華民国政府が主導で経営を行ってきました。

国際的な砂糖の価格競争に押され、現在はこちら工場は稼働しておりませんが、歴史を伝える場として保存、公開されています。

台湾糖業博物館見どころ3選!

①製糖工場

橋頭糖廠外部
橋頭糖廠外部

かつての製糖工場がそのままに近い形で残されています。廃墟が好きな人に、おすすめです。

私が行った時は、コスプレをした人たちがたくさんこの中で写真を取っていました。

②糖業歴史館

糖業歴史館
糖業歴史館

砂糖精製の一連の工程の展示がされています。工場のミニュチュア模型が精巧に作られています。また、砂糖を運搬した汽車もこの中に展示されています。SL好きな人におすすめです!

③豬仔文物館

豬仔文物館
豬仔文物館

とにかく豚の置物だらけです。自分のお気に入りの豚さんを見つけましょう。

日本人として見ておきたい!新渡戸稲造像

糖廍珈琲
糖廍珈琲

糖廍珈琲の中に新渡戸稲造の像があります。台湾の農業の発展に貢献した一人の日本人として像が残されています。特に、大きな立派な像と言うわけではありませんが、日本人として見おさめておきたいスポットです。

新渡戸稲造像
新渡戸稲造像

台湾糖業博物館来たなら、ぜひ食べたい!「アイスバー」と「仙草凍」

台糖館

桂圓アイスバー
桂圓アイスバー

おみやげや軽食、おやつが買えるお店です。

名物はアイスバー。ピーナッツ、桂圓、パイナップル、緑豆、タロイモ、ミルク、あずき、ココア、アーモンド卵黄の10種類ありました。アーモンド卵黄のみ20元、その他は全て15元(日本円で約55円)です。

アイスバーだけでなく、アイスクリームや、飲み物、スナック、肉、缶詰、雑貨、おもちゃなどあらゆるものが売られています。

休憩小站

休憩小站
休憩小站

鮮奶仙草凍が有名です。ミルクの中にぷるぷるの仙草ゼリーが入っています。冬限定でホットの燒仙草もあります。なかには、お団子、あずき、ピーナッツが入っていました。

鮮奶仙草凍
鮮奶仙草凍
燒仙草
燒仙草

ここで使われてる椅子とテーブルはかつて小学校で使われていたもの。かわいいですね。

小学校の椅子とテーブル
小学校の椅子とテーブル

台湾糖業博物館への行き方

MRT橋頭站出口1から徒歩約6分です。駅に近いので行きやすいです。

橋頭糖廠

住所:82541 高雄市橋頭區糖廠路24號

博物館開館時間:09:00~16:30

まとめ
  • 廃墟好き、SL好き、ぶたの置物好きの方におすすめ
  • 自然が好きな人にもおすすめ
  • 散歩やサイクリングにいい場所
  • 天気がいい時にいくのがおすすめ
  • MRT橋頭站出口1から徒歩約6分

*お願い*情報は更新されている場合がありますので、最終確認はご自身でお願いいたします。

編集後記

上記したもの以外にも鐵園迷城防空壕など見どころはたくさんあります。個人的には木を見るのが楽しかったです。マンゴーの木やジャックフルーツの木、じゃがいもの色をしたさつまいもがぶら下がってる木(今でも何の木か気になります笑)などがありました。

鐵園迷城
鐵園迷城

※お願い:最終確認はご自身でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました